大会概要

1923年 (大正12年) からの歴史を持ち、男子ホッケーシーズンの最後を飾る本大会は、全日本社会人・全日本学生選手権を勝ち抜いた上位4チーム計8チームが、男子ホッケー日本一のタイトルを争います。

大会名 第94回 全日本男子ホッケー選手権大会
主催 公益社団法人 日本ホッケー協会
主管 岡山県ホッケー協会
後援 岡山県(公財) 岡山県スポーツ協会赤磐市赤磐市教育委員会赤磐市体育協会毎日新聞社山陽新聞社NHK岡山放送局TSCテレビせとうち
競技期間 2020年12月3日 (木) ~12月6日 (日) 4日間
※ 【TV放映】12月6日 (日)、14時から決勝戦の模様をNHK Eテレ 生中継予定
実施要項 2020年度 実施要項
競技運営規程 2020年度 競技運営規程
会場 赤磐市熊山運動公園多目的広場
出場チーム 8チーム (社会人4・学生4)
方式
  • ・ ノックアウトシステムによる勝ち残り方式のトーナメントにより勝者を決定する。
  • ・ 本大会の試合時間は、15分/1ピリオドの4クォーター制で行う。
    PC取得時は試合時間を停止するが、得点後は時間停止をしない。
  • ・ 同点の場合は、競技運営規程のSO戦規程により勝敗を決定する。
  • ・ 全ての試合にビデオアンパイア制度を採用し、チャレンジ権を認める。
    したがって、サジェスションアンパイアは配置しない。
観戦について
(※ 入場料)

[PDF] [2020.11.16 更新]

● 12月3日 (木)・4日 (金)
無料の有観客試合
会場の検温所で検温後、検温終了のリストバンド装着と「cocoa」ダウンロードもしくは連絡先記入を確認いたします。

● 12月5日 (土)・6日 (日)
有料 (1,000円 ※高校生以下無料) の有観客試合
会場の検温所で検温後、検温終了のリストバンド装着と「cocoa」ダウンロードもしくは連絡先記入を確認いたします。また、同受付でチケットの購入をお願いいたします。

  • 1.ソーシャルディスタンスを確保するため、場合により入場制限や客席指定をする場合があります。当日の係員の指示に従ってください。
  • 2.観客の方々は、マスクの着用を義務といたします。マスクの準備をチームからも要請してください。
  • 3.観客席の消毒は、各自で行っていただくようにしております。お互いに気持ちよく観戦していただけるように、ご協力をよろしくお願いいたします。
  • 4.土曜日と日曜日は、会場に簡単な軽食販売 (うどん、ラーメン、豚汁、しるこ) をいたします。大会期間中はすべて会場内での飲食を禁止いたします。会場横の休憩テントをご利用いただきます。

全国はもとより、岡山県でも新型コロナ感染の状況が増加傾向にあり、予断を許さない状況です。今後の岡山県や赤磐市の警戒レベルの変更により、急遽観客の受け入れを変更する場合もあることをご承知おきいただくようお願いいたします。急な変更があった場合は、当サイト掲載により周知をすることといたします。

LIVE配信 予定 (無料) 準決勝2試合 (12月5日 (土) 9:00〜・11:00〜) [詳細]

競技役員

1923年 (大正12年) からの歴史を持ち、男子ホッケーシーズンの最後を飾る本大会は、全日本社会人・全日本学生選手権を勝ち抜いた上位4チーム計8チームが、男子ホッケー日本一のタイトルを争います。

大会名 第93回 全日本男子ホッケー選手権大会
主催 公益社団法人 日本ホッケー協会
主管 岡山県ホッケー協会
後援 岡山県(公財) 岡山県スポーツ協会赤磐市赤磐市教育委員会赤磐市体育協会毎日新聞社山陽新聞社NHK岡山放送局TSCテレビせとうちRSK山陽放送
競技期間 2019年12月6日 (金) ~12月8日 (日)
実施要項 2019年度 実施要項
会場 赤磐市熊山運動公園多目的広場
出場チーム 8チーム (社会人4・学生4)
方式 ・ ノックアウトシステムによる勝ち残り方式のトーナメントにより勝者を決定する。
・ 本大会の試合時間は、15 分/1ピリオドの4クォーター制で行う。
PC取得時は試合時間を停止するが、得点後は時間停止をしない。
・ 同点の場合は、競技運営規程のSO戦規程により勝敗を決定する。
・ 全ての試合にビデオアンパイア制度を採用し、チャレンジ権を認める。
したがって、サジェスションアンパイアは配置しない。
入場料 12月6日 (金) ~ 12月7日 (土) 無料
12月8日 (日) 1,000円、高校生以下無料

競技役員

会場アクセス

【競技会場】

赤磐市熊山運動公園多目的広場



【所在地】

 岡山県赤磐市沢原1307 →会場案内

ホッケーDMマガジン

ホッケーDMマガジン

リンク

公益社団法人 日本ホッケー協会 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 私たちは toto 助成を受けています

PAGE TOP