大会実施要項

大会実施要項 (準備中)

第90回 男子全日本ホッケー選手権大会 実施要項

(公社)日本ホッケー協会

1.大会名

第90回 男子全日本ホッケー選手権大会

2.主催

公益社団法人 日本ホッケー協会

3.主管

京都ホッケー協会

4.後援

  • 京都府
  • (公財)京都府体育協会
  • 京都府教育委員会
  • 茨木市
  • 茨木市教育委員会
  • 茨木市体育協会
  • 毎日新聞社

5.期日

  • グループリーグ : 2016年11月25日(金)~11月27日(日)
  • 決勝トーナメント : 2016年12月23日(金)~12月24日(土)

6.会場

立命館ホリーズスタジアム
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150

7.参加資格

  • 男子第58回 全日本社会人ホッケー選手権大会 1~4位チーム
  • 男子第65回 全日本学生ホッケー選手権大会 1~4位チーム

いずれも、上記大会にて参加資格を得ているチームの役員・選手及び期日までに変更追加の手続きを完了し、参加資格を得た役員・選手。なお、全ての役員・選手は、(公社)日本ホッケー協会の登録証を所持し、必ず写真を添付しておくこと。

8.参加人員

参加選手登録は30名以内とし、ベンチ入りできるチーム役員・選手は、監督1名、コーチ1名、フィジオセラピスト1名、ドクター1名(または手当をする者2名)と選手18名以内の合計22名以内。

9.参加申込

別紙『参加申込書』に必要事項を記入の上、«A»・«B» 宛にE-mailで同報送信すること。また、『プログラム用原稿用紙』を添えて、«B» 宛にE-mailで送信すること。

《A》E-mail送付先: info@japan-hockey.org
(公社)日本ホッケー協会
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL O3-3481-2330 FAX 03-3481-2329

《B》E-mail送付先:kyotohockey@lovestick.net
第90回 全日本ホッケー男子ホッケー選手権大会
実行委員会事務局 : 担 当 山内 善博
TEL 0771-86-0150 FAX 0771-86-0859 携帯 090-1582-3532

10.申込期限

  • 社会人チーム  2016年10月31日(月)厳守
  • 大学生チーム  2016年11月16日(水)厳守

11.参加料

1チーム60,000円(納入された参加料はいかなる理由があっても返却しない)

◎参加料振込先

京都銀行 須知支店 (普)№ 339130
京都ホッケー協会 会計 山内 秀文 (やまうち ひでふみ)

12.競技規則

競技会開始時点で有効な2016年度発行の(公社)日本ホッケー協会競技規則及び競技運営規程に則り行われる。

13.競技方法

参加8チームをA・B2グループ(各4チーム)に分けてリーグ戦を行い、各グループの1・2位チームが順位決定戦を行う。 組合せは、以下のとおりとする。

グループリーグAプール

社会人1位・4位 大学2位・3位

グループリーグBプール

社会人2位・3位 大学1位・4位

準決勝

Aプール1位 対 Bプール2位
Bプール1位 対 Aプール2位
※3位決定戦は行わない。

14.競技日程

○ グループリーグ (第1・2・3日)

第1試合 9時30分 第2試合 11時10分
第3試合 12時50分 第4試合 14時30分

○ 決勝トーナメント (第4日)

準決勝 第1試合 11時00分 準決勝 第2試合 13時00分
(Aプール1位 対 Bプール2位) (Bプール1位 対 プール2位)

○ 決勝トーナメント(最終日)

決勝 11時

15.宿泊・弁当

宿泊及び弁当の斡旋を希望するチームは、別紙、要項にもとづき、所定の申込用紙に必要事項を記入し申込むこと。また、宿舎の斡旋を希望しないチームも『宿泊場所、または、大会期間中の連絡先』を前記《B》宛てに通知すること。

16.開会式、監督主将会議、閉会式

<開会式>

2016年11月24日(木)18時から
立命館ホリーズスタジアム会議室
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150

<監督主将会議>

2016年11月24日(木) 開会式終了後
立命館ホリーズスタジアム会議室

※監督主将会議は、その任にあるものが出席しなければならない。

監督・主将が特別な理由により欠席する場合は、代理人の出席を認めるが大会TDの承認が必要である。
※会議には、登録ユニフォーム2着(シャツ・パンツ(スコート)・ストッキング、ゴールキーパーの上着)及び番号無しのユニフォーム2着を必ず持参すること。受付の際にチェックを行う。なお、申込時の登録ユニフォーム以外は不可とする。

またその際、「登録証」の確認も行うので必ず持参すること。尚、ベンチ入りする役員、監督、選手は「登録証」を携帯すること。もし、忘れた場合は「登録確認証」を発行してもらうこと。(再発行料:500円)

※参加チーム・競技役員は2016年度競技運営規程付属書4・5の「行動規範確認書」を必ず提出しなければならない。開会式の受付で提出すること。

<閉会式>

2016年12月24日(土) 決勝戦試合終了後
会 場 立命館ホリーズスタジアム
(雨天の場合:立命館ホリーズスタジアム会議室)

17.その他

① 参加申込書提出後に30名以内の選手または役員の変更・追加を行う場合は、所定の「登録変更届」をE-mailで「9.申込方法」に従って同時送信しなければならない。

その変更期限はグループリーグ11月22日(火)17時、決勝トーナメント12月20日(火)17時とし、それ以降の変更は認められない。なお、背番号は1~30番とし、参加申込後の変更は認めない。

② 試合に出場する選手については、登録した30名の中から18名を選びスターティングリストに記載すること。(日々ベンチ入りの18名を選択することができる) スターティングリストは、すべてメール送信とし試合開始45分前までとする。(詳細については、別途定め後日連絡)

③ 開会式には、監督主将会議に出席するチームの代表者(代理)が参加しなければならない。参加しないチームは大会の出場を取り消す場合がある。

④ 万一負傷等の事故があった場合、参加選手自身と各チームの責任において治療等を行うこと。選手は健康保険証を携行することが望ましい。

⑤ 大会参加に伴うチームの移動については、チームの責任において行うこと。

⑥ 本大会は、日本ドーピング防止規程に基づくドーピング検査対象大会である。本大会に申込した時点で日本ドーピング防止規程にしたがい、ドーピング検査を受けることに同意したものとみなす。また、未成年者である参加者はドーピング検査の実施について親権者から同意を得たものとみなす。本大会参加者は、ドーピング検査を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、ドーピング防止規則違反となる可能性がある。ドーピング検査及びアンチ・ドーピングについては、JADAのホームページを参照すること。
『アンチドーピン グ機構のホームページ http://www.playtruejapan.org/

⑦ 大会試合球については、白色球(コッカブラディンプルボールエリートMK-Ⅱ)を使用する。

⑧ 本大会は、15分/1ピリオドの4クォーター制で行う。

以上

コンテンツ

私たちは toto 助成を受けています

会場アクセス

【競技会場】

 立命館ホリーズスタジアム



【所在地】

 大阪府茨木市岩倉町2-150 →会場案内

後援

毎日新聞社
  • 京都府
  • (公財)京都府体育協会
  • 京都府教育委員会
  • 茨木市
  • 茨木市教育委員会
  • 茨木市体育協会

リンク

公益社団法人 日本ホッケー協会

PAGE TOP